好きも嫌いも絶対値

好きなことを書いていこうかなと思っています。 頑張るのです。

数字は記号である、ということ

そんなこと言われても、面食らいますよね。

 

そんなもん、ワタシもですよ。

どうして、もう少し噛み砕いて話せないんだろうと、いつも反省しています。

 

さて掲題の件、それでも大事なことだと思うのです。

 

仕事でも、教育科目の「数学」においても、

この数字ってなんだろう?なにを意味しているのだろう?

って部分は、きちんと理解すべきだと思っています。

 

そんで、「定量的」ということにこだわる人って、意外と能無し数字に対するセンスがなかったりしますよね。

コンピューターが計算をしてくれるようになって、

数字に埋もれているんじゃないかなぁ。

(よくわからない説得力もあるし。)

 

でも、こんな考えは、もっぱら文系的な数字観なのかもしれないですね。。。

 

 

要は、編集部と営業部って片想いこじらせちゃってるな、って話です。

 

また抽象的なことを言っちゃった。

 

さっさと寝ます。

 

では。