好きも嫌いも絶対値

好きなことを書いていこうかなと思っています。 頑張るのです。

出版と出版業

ボクの尊敬する編集者の方が、ポロっとこぼした一言。

 

端からみれば、自由な職業って感じかもしれないけれど、

 

やっぱりサラリーマンはサラリーマン。

 

特に、90年代後半、

出版業界最盛況の時代と比べて、止まぬ右肩下がりのこの業界。

 

 

自分の作りたい本ってなんだったんだろう。

「良い本」ってなんだろう。

 

という公案が、ぐるんぐるんと頭をめぐりながら、

 

ペラペラ、カキカキ、とゲラと格闘する毎日。

 

掘れば掘るほど、仕事をすればするほど、

どんどん新しい仕事が振ってくる一人テトリス

 

文化の担い手/一介のサラリーマンの葛藤は続くのである。